生命保険を無料相談とは?

現在加入している保険はどのような形で加入を決めましたか?あるアンケートによると保険の加入のきっかけとして知人や友人からの勧誘というのが多いようです。 というのもそのほとんどが保険会社に就職した外交員による営業で、実は加入している本人にとって最適な生命保険を選んでいるとは限らないのです。 そのため不必要な保障のために高い保険料を支払っていたり、反対に必要な保障が受けられなくなっているなど無駄なお金を使っている人が意外と多いのです。 そこで便利になるのが無料相談サービスで、最近はテレビ番組や雑誌の広告などでもよく紹介されています。相談サービスを利用するメリットはどこにあるのでしょうか?

無料相談サービスの人気の秘密

プロ代理店が提供している保険の無料相談サービスは、現在の生命保険を見直したり新しく加入する人でも気軽にアドバイスを受けられる便利なサービスです。 どこの保険会社にも所属していない独立しているファイナンシャルプランナー(FP)がさまざまな種類の保険商品からあなたにあったものを公平中立に選んでくれます。 保険会社を組み合わせることで保険の良いとこどりができるだけではなく、倒産リスクを低くすることもできます。 生命保険は何十年も支払い続ける住宅に次いで高い買い物だと言われているので、きちんとした保障を受けられてできるだけ保険料を安くできるものを選ぶことが大切です。

キャンペーンで商品券やギフト券をプレゼントしてもらえる

生命保険の無料相談サービスのもう1つの良いところは、キャンペーン期間中に利用すればAmazonギフト券やJCB、VISAなどの商品券をプレゼントしてくれるという点です。 ネットからの申込み時や相談後にアンケートに答えること、または、特典目当てでないことが前提となっていますが、多いところで7000円程度の商品券をもらうことができます。
(リンクスペース)

生命保険選びで失敗しないために

最近は保険金の不払い事例などが問題になっていますが、その原因の1つとされるのが保険営業マンによる強引な勧誘だと言われています。 生命保険は加入時に健康状態などについて問われる告知義務がありますが、この告知義務に違反した内容で加入を申し込んでも2年間が過ぎれば告知義務違反に対する保険会社からの解除ができないとされています。 しかしながら解除ができないことと保険金が支払われないことは別のことで、ウソをついて保険に加入したとしても調査の結果が違反と判断されれば不払い事例となります。 このような不払い事例が増えている背景として加入者に告知義務違反をさせてでもノルマを達成したいがために営業マンが無理な加入を薦めることがあります。

保険の無料相談サービスでは無理な勧誘をするFPに対してユーザーから警告してもらえる「イエローカード制度」などを設けているところもあるので、安心して営業・提案を受けることができます。 このような警告が多い代理店には提携解除を行うなど厳しい措置も取られ、またアンケートで満足できないプランを提案された場合も提携解除を行うプロ代理店もあります。 あくまで個人の代理店を営んでいるフリーの提携FPが派遣されることが多いので、納得がいかない場合は複数の無料相談サービスを利用するのがおすすめです。

生命保険の無料相談サービスの体験談を紹介

プロ代理店で見直しや保険プランを作成してもらった方の口コミを掲載しています。

20代会社員

社会人になってからすぐ加入していたのですが、兄が見直しサービスを利用したのをきっかけに自分も相談させてもらうことにしました。 もともとは親戚から薦められて加入を決めたのですが、昔から大手生保に勤めているような遠縁の人だったので解約する義務もありません。 定期保険で3年間ぐらい入っていたのですが、独身のままで収入に余裕があるのであれば終身保険にかけ替えてみるのもどうか、 という提案もしてもらいました。しかも変額終身保険であれば割安な保険料でタイミングよく解約すれば返戻金も多くなるようなので自分に合っていると思いかけ替えることができて良かったです。

20代主婦

結婚してすぐに保険のことは主人と話し合っていたのですが、なかなか見直す機会もなくて、 またいろんな保険会社のホームページを見てもどれが良いのかさっぱりわからず相談サービスを利用することにしました。 半分は商品券のプレゼントが目当てでサービスを受けることにしましたけど、担当してくれたFPさんがすごく良くてじっくりとプランを考えてくれることに。 今後は2人ぐらい出産予定にしているという人生計画も踏まえて、学資保険も追加しやすい保険プランを立ててくれました。

30代主婦

持病を持っている父親の医療保険について分からないことがあって、たまたま立ち寄ったショッピングセンターで相談を受けました。 ある保険会社に一度相談した時は誰でも加入できる無選択型保険を薦められたのですが、 実は保険料が高くて保障額よりも保険料の総支払い込額が増えることもあると聞きびっくり。 女性のFPさんでしたがいろいろなことを知っていて、アンケートを書いて後日改めてじっくり自宅訪問してくれることに。その際にギフト券をプレゼントもしてくれて大変満足しています。

40代自営業

子供も無事卒業できる見込みが立ったので、一度このあたりで家計の見直しなどを総点検してみることに。 シングルファーザーで自営業をやりながら生活してきましたが、一人の生活もそろそろさびしくなってきたので新しく伴侶もと考えていました。 貯蓄はほとんどなく将来の不安は自分一人であれば問題ありませんでしたが、再婚ということになるともしもの時にどのような保険が良いのか分かりませんでした。 保険の窓口で相談したところ、被保険者を妻にして受取人を子供にすると万が一の際に贈与税としてかかってしまって、保険金の多くを税金として支払わないといけないことに。 保険会社に言われる前にきちんと相談しておいて本当よかったなと思います。

50代会社員

そろそろ引退後の生活を考えて個人年金保険に加入しようと検討していたのですが、医療保険の更新も近づいてきたのでまとめて無料相談でアドバイスをもらうことに。 個人年金保険に50代から加入しようと思うとかなりの保険料になると覚悟していましたが、 大手生保でも割安な保険料に設定している個人年金保険を紹介してくれてそれに加入しました。 加入を検討していた医療保険は健康には自身があったので先進医療特約がついていて、しかも保険料が安いものを選ぶことができました。 たまたまキャンペーン中に見直しサービスを受けたということもあって、VISA商品券もプレゼントしてもらえました。